上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飯島直子 ノスタルジック編パート2

直子ちゃん限界に挑戦。チラ見せが超ヤバイ!

ルーズな格好でポーズをとる直子ちゃん。

アンダーウェア風の格好で、ちょっと気だるそうな感じ。

胸元のチラ見せがエスカレートして思わず、ポロっといきそうなヤバイ雰囲気。

動画はこちら↓
理屈じゃないです。何も言わずに見てください!

飯島直子 ノスタルジック編パート2 動画


1988年、深夜番組『11PM』にカバーガールとして抜擢され芸能界デビュー。
1989年、カネボウ水着キャンペーンガールに選ばれる(活動は1990年)。1990年にはキリンビール、宇部興産のキャンペーンガールも務め、翌1991年にはキグナスF3000のキャンギャルとなる。この頃ヌード写真集を出したこともある。
1991年、ドラマ『マスカット ムーン』で俳優デビュー。年末には映画デビューと積極的に活動の範囲を拡げてゆく。
1992年、同じ事務所に所属する網浜直子とデュオユニット「W-NAO」を結成、歌手としてシングルをリリースし、7月にはアルバムとビデオもリリース。1995年頃まで活動を続け、1996年にはソロ歌手としてシングル・アルバムをリリース。1991年から出演していた深夜番組『DAISUKI!』では当初(司会が吉村明宏の当時)は殆ど喋る事は無かったが、司会が中山秀征に代わったあたりから徐々に慣れてきたのか,その明るいキャラクターが人気となり、その後もよくバラエティ番組に出演。
ブレイクのきっかけは、1995年からのコカコーラ『ジョージア』のCMで、これにより後の癒し系ブームの火付け役となった。その後は主に女優として数々のドラマに出演。ドラマ『智子と知子』では田中美佐子とともに主演を務める。
安室奈美恵の『アムラー』や篠原ともえの『シノラー』などと共に飯島直子のファッションなどを真似た女性を指す言葉として『ナオラー』という呼び名が一時期あったが、いまいち具体性に欠けたのか、アムラーやシノラーほどには世間に浸透しなかった。
1997年、ロックバンド・TUBEの前田亘輝と結婚するも01年に離婚。離婚後は女優の傍ら、音楽番組『アリゾナの魔法』でMCを務めるなど、以前にも増して活躍中である。
「W-NAO」ではB'zのカバーも披露。その縁もありB'zの「FUSHIDARA 100%」(LOVE PHANTOM c/w)にも参加している。
夜中に和田アキ子からの電話に「誰だ!!テメェー!!」と20分も押し問答をしたことでも有名(飯島自らバラエティーで語っている。)。飯島は「俺だよ!俺!」と言われたために男だと思い込んでいた。
中学3年生の通知表(2学期)でオール1をとったことがある。明石家さんまから「一番大事な時やないか!」と突っ込まれた。
Wikipediaより引用
スポンサーサイト
あなたの大好きなアイドルの動画がきっとここに!超高画質動画配信サービス
DMM アイドルチャンネル 動画 配信アイドルDVDの一部
ほしのあき 渋谷エリ
小田有紗 松金洋子
山本梓 堀井美月
など多数。総数2000本以上!
ダウンロードしまくって下さい。

さらに、今なら
丸秘特典付き!です!

丸秘特典の詳細は

こちらをクリック
Secret

TrackBackURL
→http://sexyaidoru.blog105.fc2.com/tb.php/83-ccfb3401
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。